自転車の使用や過去の経験から紫外線が気になり始めた

 

子供が生まれ、今年の夏は特に紫外線対策を怠ってしまったので、ほほのおしみが少し目立ってきた。

 

肌がもともと白いほうなので、少しでもおしみが出てくると目立つ。

 

自転車を使って買い物に行っているので夏は特に紫外線が気になる。

 

学生時代にはマネージャーもしていたので、将来もっとそのツケが回ってくることが心配。

 

また、目元のくま、くすみが20歳のころから消えない・目元がくすむことで疲れた印象になることが悩み。

 

くま、くすみを解消して明るい目元になりたい。

 

肌自体は乾燥肌で、毎年冬になるとかさつきがでてくる。

 

冬でもかさつきのないしっとりした肌にあこがれる。

 

また、ほほに赤みが良く出てくる。

 

暖かい室内になるとよけいに赤みがでてきて顔がほてったかんじになる。

 

 

 

紫外線・肌トラブル対応策

 

自転車の使用や過去の経験から紫外線が気になり始めた

とりあえず自転車に乗る前は少し強い日焼け止めを塗る事を徹底した。

 

出来たおしみは消すことが不可能なので、なるべく出てくるスピードを遅くしたり、薄くしたい。

 

自宅に光美容のバイオレボリューションがあるので使用しています。

 

最近はおろそかになってしまっているのですが、子供を寝かしつけた後など時間のあるときに顔面左右10分ずつあたっていました。

 

これ1台でいろんな悩み対策が出来るので重宝しています。

 

光にあたることで、血行促進されるのでくすみがましになる。

 

また、血流が流れることでターンオーバーも促進してくれるので、おしみ対策もできる。

 

もともとの肌質である乾燥肌に対しても有効で、水分を角質層に浸透させて言ってくれるので、肌がしっとりふっくらとなる。

 

あとは、血行促進のためシャワーで済ませずに湯船にはつかることと、基礎化粧にプラスお風呂の後に10分程シートパックを週に1度しています。

 

産後、学生時代の悩みが悪化してしまい…(乾燥肌×紫外線)

 

悩みは、中学生くらいからありました。
自転車で学校に通いつつ、運動部に所属していたからかもしれませんが、日を浴びるのが当たり前で紫外線もぐんぐん浴びていたと思います。
その頃は、油がすごくでていつもテカっていて、脂性肌でした。

 

自転車の使用や過去の経験から紫外線が気になり始めた

成人してから、肌が変わってきて乾燥肌になりました。

 

あと敏感肌にもなり、強い化粧品を使うと、肌がとても荒れて痒くなっていました。
花粉の時期は、特にひどく常にマスクをしていないと、顔が真っ赤になっていました。

 

今は子どもを、産んでからは少しは、よくなりましたが、治りません。
特に、顔の部分がひどく顔につけるものには、とても注意していないとすごいことになります。

 

これから、紫外線がひどくなるので、とても不安です。
紫外線に、あたると痒くなってしまうからです。
痒くなって、肌がすごく荒れてしまうので、病院に行って薬をだしてもらいます。

 

乾燥肌で、敏感肌なので、あまりにひどい時は、病院に行って薬をだしてもらいます。

 

あとは、敏感肌用の化粧品を、使うことです。
食事も、インターネットなので調べて辛い物など、肌が荒れてるときは、とらないようにしています。

 

あと野菜中心の生活もしています。
運動も、とりいれた方がいいらしく、たまに、歩いたりしてなるべく汗をかいて運動をしています。

 

あまり汗をかかない体質なので、汗をかくことがいいみたいです。

 

なので、一時期は、岩盤浴に行っていました。
次の日までは、とても肌の調子がいいです。
睡眠は、すごくとるようにしています。

 

あまり寝ない日は、やっぱり肌の調子は、とても悪いです。
あとは、顔のマッサージをしています。
リンパの流れが、悪い時はマッサージするといいように感じられます。

 

関連ページ

産後の体調変化もあり紫外線に弱くなってしまいました
産後や加齢により、紫外線に一層敏感になってしまった方にインタビューを行いました。すぐに実行出来る対策なども一緒に掲載。